驚き!座学があるゴルフレッスンでリベンジをしてきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年末(2019年)この地方では大手のゴルフ練習場が運営するゴルフのレッスンに参加しました。実は以前、自宅の近くにある練習場で開催していたゴルフレッスンを受けたのですが、あまり満足できる結果ではありませんでした。

でも「もしかしたら他の練習場に行けば上達するかもしれない」と突如思い立ち参加してみることにしたのです。そのちょっと前に参加したコンペで散々な結果だった(スコア115くらい)ことも関係しています。

短期レッスンということで料金は税別6000円。
レッスンの回数は1か月で計4回、一回当たりのレッスン料は1500円。
一回のレッスンは講義+実技で1時間半程度ですから、一時間1000円と非常にリーズナブルです。このほかに打席料が数百円とボールのレンタル代金が必要です。もちろんレッスンが終わった後に個別で練習をしてから帰るので、正味2時間以上は居る計算になります。

レッスン内容に座学の講義があったのでまず驚きました。
ゴルフボールはどういう軌道を描いて飛ぶのか、クラブのスイングはどういう軌道を描くのが理想的なのか?といった講義を聴きながら、初心者が陥りがちなトラブルや癖についての説明が展開されます。ゴルフレッスンというと実技というイメージしかなったので、「えっ!?座学?」っていう印象でした。

教えてくれるプロは説明が上手で、「なるほど、そういう原理だったのか!」と非常に納得することが出来ました。もちろん、この講義を聞いたからと言ってスイングがキレイになったり空振りをしなくなることはないのですが、それでもスイングする際に何も考えずに振るのと、ちょっと考えながら試行錯誤するのでは全く違いますよね。(と信じています)

講義が終わったら、実技。直前の講義で教わった内容をおさらいしながらブースで練習していきます。マンツーマンのレッスンではないので、コーチはずっと自分のスイングを見ているわけではなく、わからないことがあればこちらに来たときに呼び止めるイメージです。さすがに教え慣れていることだけはあり、やはり説明は上手ですが、それでもなかなか言われたとおりにできず苦労します。

ただ、この人の言うとおりにずっと練習していれば上手になりそうだな、という実感はあります。最初は座学なんていらないんじゃない?と思っていましたが、やはり知識があると上達は違う気がしますね。考えながらスイングする癖が身につくと思います。

まだレッスンを受けた後コースには出てないので効果は実感できていませんが、もう少しこのペースで練習を積み重ねればうまくなりそうな予感はしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加